So-net無料ブログ作成
検索選択
あのときあの場所に集まって
再び全国に散った趣味も性格も全く違うレポーターたちが
ジャンルを飛び越え、新旧流行にとらわれることなく
いま自分が好きなもの、自分にとっての旬なアレコレをガンガン紹介するブログ!
どうぞココで、いろんな好きと出合ってくれたなら
ますます楽しくなってしまうじゃない!
音楽、小説、映画、美術、TVショウ・・・いつだって、出合ったときが新しい!
●TRIP-HOP ブログトップ

UNKLE「Psyence Fiction」 [●TRIP-HOP]

1st album 1998.09.29 release

ダブほど、ドープに落ちるんではなく
アンビエントに近いトラックが、夜聞くと落ち着く
1曲聞いただけでは、よさは判断できませんよ

[text●k.ryo]

久しぶりに
引っ張り出して聞いたら、なかなかよかった。

ジャンルでいうと、トリップホップなのかな。
90年代後半に少し流行ったマッシヴアタックや
ポーティスヘッドとか。
日本人で今でも活動してる人で例えると、
DJ KRUSH(DJ クラッシュ)や
THA BLUE HERB(ザ・ブルー・ハーブ)のファーストとか。

ヒップホップふうのブレイクビーツに、
暗く、さみしげな上モノが乗っかるってカンジ。
ダブほど、ドープに落ちるんではなく、
アンビエントに近いトラックが、
夜聞くと落ち着く。

でも、あなどれないのが、
どのトラックもヒップホップふうなのに、
ゲスト・ヴォーカルが、
RADIO HEAD(レディオヘッド)だったり、
ヴァーヴ (The Verve) だったり、
Metallica(メタリカ)のギターをサンプリングしていたり、
楽器をうまいことエフェクト処理していて、
一見ごちゃまぜのようだが、
映画のようなストーリー性を、
このアルバムの世界観が醸し出しているし、
飽きっぽい俺でも、1枚通して聞いてしまう。


そして、2012年
ほぼリアルタイムで聞いていた学生時代から考えて、12年。

90年代って、
BECK(ベック)しかりRADIO HEADしかり、
コーネリアスしかり、
ひとつのミュージシャンが、バンドが、
「なんでも節操なく、やっちゃう時代だったな」と
再認識。
BECKの「オディレイ」、
RADIO HEADの「OK COMPUTER」、
コーネリアスの「ファンタズマ」、
そして本作も、
1曲聞いただけでは、よさは判断できませんよ。

ちなみに、ユニオンで1000円以下で買えると思う。

TOWER RECORDS ONLINE[UNKLE/アンクル]
TOWER RECORDS ONLINE「Psyence Fiction」

Psyence Fiction

Psyence Fiction

■Track listing
01. Intro(Optional)
02. Guns Blazing (Drums Of Death Part1) (s/Kool G Rap)
03. Unkle Main Title Theme
04. Bloodstain (s/Alice Temple)
05. Unreal
06. Lonely Soul (s/Richard Ashcroft)
07. Getting Ahead In The Lucrative Field Of Artist Management
08. Nursery Rhyme (s/Badly Drawn Boy)
09. Celestial Annihilation
10. The Knock (Drums Of Death Part2) (s/Mike D)
11. Chaos
12. Rabbit In Your Headlights (s/Thom Yorke)
13. Outro (Mandatory)

14. Be There(1999 UK bonus track.)

Japanese and Australian releaseー
14 Guns Blazing (Drums Of Death Part1)
15. The Knock (Drums Of Death Part2)





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
●TRIP-HOP ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。