So-net無料ブログ作成
検索選択
あのときあの場所に集まって
再び全国に散った趣味も性格も全く違うレポーターたちが
ジャンルを飛び越え、新旧流行にとらわれることなく
いま自分が好きなもの、自分にとっての旬なアレコレをガンガン紹介するブログ!
どうぞココで、いろんな好きと出合ってくれたなら
ますます楽しくなってしまうじゃない!
音楽、小説、映画、美術、TVショウ・・・いつだって、出合ったときが新しい!
●POST-HARDCORE ブログトップ

The Used「Vulnerable」 [●POST-HARDCORE]

5th album 2012.03.26 release

デビュー10周年にふさわしき5thアルバム
彼ら自身が培ってきたバンドの力をすべて凝縮した傑作

[text●i.akira]

Usedcalgary
The Used playing in Calgary on November 30, 2009

あの鮮烈なファースト・アルバム「The Used」から気づけば10年という月日が経ち、The Used(ザ・ユーズド)もすっかりシーンになくてはならない存在感を放つベテラン・バンドとなった。スクリーモというジャンルがまだシーンを席捲する前夜にそのスタイルを明確に提示し、代表格のひとつとして先頭を走り続けてきた彼ら。そしてその活動の集大成と呼べるアルバムがこの「Vulnerable」である。

Hopeless Recordsへの移籍第1弾であり、バンドにとって5枚目となる本作は、実験的な要素が強かった前作「Artwork」から打って変わって、直球のThe Usedサウンドが暴れ回るアッパーなアルバムになっている。いや、それどころではない。デビュー10周年という節目にふさわしく、彼ら自身が培ってきたバンドの力をすべて凝縮した傑作である。とにかくすさまじい。サウンドの節々から溢れる緊張感、これまでをさらに上回る美しいメロディの連続、ヘヴィななかにもダンサブルなビートやストリングスを柔軟に取り入れた余裕の遊び心、キレだけでなく心の底まで響くような深みを増したバート(Vo.)の声、そのすべてが濃密に混ざり合い、過去最高のThe Usedを形成している。こんなにも自信に満ち溢れた作品はそうそうないだろう。また、1~3枚目のプロデュースを手掛けた盟友ジョン・フェルドマンをプロデューサーに再び迎えている点も大きい。彼らの才能をデビュー前から見抜き、熟知しているであろうジョンとの仕事だからこそ、こんなにもThe Usedらしい作品に仕上がっているのだと思う。なお、本作からの先行シングル「I Come Alive」のPVがYouTubeで公開されたが、かなりショッキングな映像となっているので、観る際はそれなりの覚悟を持って挑んでいただきたい。

スクリーモという枠に収まらず、ロック・バンドとして進化を遂げてきた彼ら。自分と同じ世代のバンドがこんなにもすばらしいアルバムを届けてくれるというのは、本当に嬉しいかぎりだ。しかし、おそらく10年という時間は彼らにとってただの通過点だろう。バンドはアメリカで毎年開催されているパンク/ラウド・ロックの祭典“WARPED TOUR 2012”にヘッド・ライナーのひとつとして出演が決定している。そんな大舞台でも、彼らはいつもどおりステージを暴れ回り、観客を煽りまくるだろう。想像するだけで、最高じゃないか。

OFFICIAL WEB SITE→ http://theused.net/

TOWER RECORDS ONLINE[The Used]
TOWER RECORDS ONLINE「Vulnerable」

Vulnerable

Vulnerable

  • The Used
  • Hopeless Records
  • 2012/03/28
  • CD
■Track listing
01. I Come Alive
02. This Fire
03. Hands and Faces
04. Put Me Out
05. Shine
06. Now That You’re Dead
07. Give Me Love
08. Moving On
09. Getting Over You
10. Kiss It Goodbye
11. Hurt No One
12. Together Burning Bright





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
●POST-HARDCORE ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。