So-net無料ブログ作成
あのときあの場所に集まって
再び全国に散った趣味も性格も全く違うレポーターたちが
ジャンルを飛び越え、新旧流行にとらわれることなく
いま自分が好きなもの、自分にとっての旬なアレコレをガンガン紹介するブログ!
どうぞココで、いろんな好きと出合ってくれたなら
ますます楽しくなってしまうじゃない!
音楽、小説、映画、美術、TVショウ・・・いつだって、出合ったときが新しい!
●HARDCORE ブログトップ

SLANG「Glory Outshines Doom」 [●HARDCORE]

7th album 2012.07.11 release

北より叫ばれる渾身の怒りと希望
激しくも優しく、多くの壁をぶち壊すための音楽

[text●i.akira]

北海道にSLANG(スラング)というバンドがいる。北海道のハードコア・シーンを牽引する彼らは、東日本大震災のとき、真っ先に物資を集め、被災地へ向かった数少ないバンドマンである。それをきっかけに、被災地を直接支援する活動“NBC作戦”や“自立支援プロジェクト”などを立ち上げ、さまざまでツールで支援を呼びかけ、現地をサポートし続けている。本作は彼らにとって7枚目のアルバムであり、3.11を受けてのリアルなメッセージが込められた作品である。

「Glory Outshines Doom」=“破滅に勝る栄光”という強烈なタイトルがつけられた本作は、彼ら自身のレーベルであるSTRAIGHT UP RECORDSからではなく、盟友Ken Yokoyamaの熱いラブ・コールにより、PIZZA OF DEATH RECORDSからのリリースとなっている。前作「LIFE MADE ME HARDCORE」ではストイックなまでのハードコア精神を貫いたひとつの完成型を聴かせてくれた彼らだが、本作ではさらに進化したサウンドを響かせている。権力者への怒りを剥き出しにした「糞の吹き溜まり」、どこか懐かしさも感じさせるMotorhead(モーターヘッド)ばりの爆走ロックンロール「ちいさな棺」、激しくも叙情的な「十二月ノ業」、目まぐるしく展開する「止まったままの針」、もの悲しいギターの旋律が語りかけてくるようなインスト「もの言わぬ本」、アルバム最重量のドゥーム・メタルのごとき「黒煙の輪郭」、ファストな前半とスローな後半が印象的なタイトル曲「Glory Outshines Doom」など、ハードコアにとどまらないさまざまな音楽の影響を素直に表現しつつ、自分たちのカラーをより強固で明確に打ち出している。
また、バンド史上初となる全曲日本語詞というのも特筆すべき点だ。愛玩動物の殺処分問題を問う「失せし日常」や、不条理に踏みにじられる子どもたちの“いのち”や“思い”を慈愛と怒りを込めて叫ばれた「ろうそくのまち」など、言葉ひとつひとつに重みがあり、自由な視点でさまざまな感情が描かれたその詞は、我々に現実を突きつけながら、さまざまな問いかけをしてくる。さらにアート・ワークにも隅々までこだわりがあり、曲とリンクした世界観が歌詞カードに表現されている。15曲で40分にも満たないが、ぶつけられてくる音と言葉の密度が凄まじいアルバムだ。

ただ消費されるだけの音楽ではなく、アートとして優れた作品であり、ハードコアを知らない人にもぜひ観て、聴いて、感じてもらいたいと思う。激しくも優しい、多くの壁をぶち壊すための音楽がここにある。

OFFICIAL WEB SITE→ http://www.slang1988.com/
Glory Outshines Doom/アルバム情報サイト→ http://www.pizzaofdeath.com/slang/
NBC作戦本舗→ http://www.nbc-sakusen.com/

TOWER RECORDS ONLINE[SLANG]
TOWER RECORDS ONLINE「Glory Outshines Doom」

Glory Outshines Doom

Glory Outshines Doom

  • SLANG
  • ピザ・オブ・デス・レコーズ
  • 2012/07/11
  • CD
■Track listing
01. 失せし日常
02. 糞の吹き溜まり
03. 小さな棺
04. 十二月ノ業~Happy Birthday to You~
05. ろうそくのまち
06. 止まったままの針
07. 耳鳴り
08. 白昼夢
09. 焼却炉
10. 鉄船の汽笛
11. 踏切り
12. もの言わぬ本
13. 黒煙の輪郭
14. Glory Outshines Doom
15. 野ざらし


■Related articles
SLANG「LIFE MADE ME HARDCORE」


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

BAGNAG「BAGNAG」 [●HARDCORE]

1st album 2011.12.17 release

北海道は稚内の雄、BAGNAGによる1stアルバム
悲劇を乗り越え仲間とともに完成させた

[text●i.akira]

2004年に北海道の最北端に位置する稚内にて結成されたハードコア・バンドによる満を持してのファースト・アルバム。
残念なことに、バンドは本作の制作中だった2011年7月17日にボーカリストのMTM氏が不慮の事故により亡くなるという悲劇に見舞われている。本来ならば再起不能になるほどのダメージを負いながら、その痛みを乗り越え、MTM氏の残した音楽とメッセージを形にすべく、確固たる意志で再び立ち上がり完成させた本作は、まさにハードコアな生き様だったMTMの魂が宿った強烈なアルバムである。ドラマティックに緩急を使いわけた攻撃的なニューヨーク・ハードコア・サウンドを展開としながら、日本語による強靭なメッセージが怒りと悲しみを込めて叫ばれるさまは、ファースト・アルバムとは思えないほどの破壊力がある。さらに残されたメンバーを支えるべく、YUKIGUNI、YAN(PITTRISK)、YOSHIKI(FIVE VERS)、TATSULOW(FROM ONE STEP)、そして北海道ハードコアの重鎮KO(SLANG)など、北の大地のみならずハードコア界が一目置くメンツが一堂に会している点も注目である。

7曲でわずか20分であるが、現在のハードコア・シーンの分厚さを堪能することができる傑作である。MTM氏に哀悼の意を表しつつ、本作より始まるBAGNAGの偉大なる一歩と前途を祝福したい。

OFFICIAL WEB SITE→ http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=BAGNAG

TOWER RECORDS ONLINE[BAGNAG/バグナグ]
TOWER RECORDS ONLINE「BAGNAG」

1217.jpg

BAGNAG

  • BAGNAG
  • HEART BEAT CAFE RECORDS
  • 2012/02/22
  • CD
■Track listing
01. 撫子ノ華/feat. MAMORU(YUKIGUNI)
02. HARDCORE STILL ALIVE/feat. YAN(PITTRISK) IAN(YUKIGUNI)
03. 死シテ後已ム/feat. YOSHIKI(FIVE VERSE)
04. KAMIKAZE -桜花-/feat. TATSULOW(FROM ONE STEP)
05. 回天
06. 鬼神、之ヲ避ク
07. CHAOS/feat. vox,KO(SLANG) guitar solo, KENTA(YUKIGUNI)





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

SLANG「LIFE MADE ME HARDCORE」 [●HARDCORE]

5th. album 2010.08.14 release

札幌より世界へ怒りを叫び続けるジャパニーズ・ハードコアの雄
暗く重い時代に叩きつける激しくも優しき愛の唄

[text●i.akira]

SLANG。日本のハードコアを語る上で絶対に欠かせない存在であり、間違いなくシーンの最前線を突っ走っているバンドである。1988年に札幌で結成され、日本のみならず世界でもライブやリリースを行ない、ひたすら地道に確固たる地位を築いてきた。また、ボーカリストのKO氏はハードコア・キッズに絶大な支持を受ける日本有数のインディーズ・レーベルStraight Up Recordsと、札幌のライブ・ハウスKlub Counter Actionのオーナーでもある。まさに文字どおり札幌から日本のシーンを牽引し続けているジャパニーズ・ハードコアの雄である。

本作は彼らにとって5枚目となるフル・アルバムで、「人生が俺をハードコアにする」というタイトルにふさわしく、20数年に及ぶバンド活動によって生まれた絶対的自信を武器に、子どもへの虐待、戦争、原発、薬物、自殺など、世界が抱える問題への怒りと悲しみを赤裸々に叫んだ傑作だ。12曲で30分にも満たないという恐ろしいほどのスピード感に凝縮された1音1音のケタ違いの重さ、メッセージ、エネルギー。その凄まじさは彼らの作品のなかでもトップ・クラスに入り、聴くものを圧倒する。しかし、そこに在るのは間違いなく愛である。凡百のラブ・ソングでは絶対に表現できない、激しくも優しい人間への愛が込められているからこそ、これほど激烈に怒り、叫ぶことができるのだ。また、本作リリース後のライブを収録したライブ・アルバム「Question Now」も2月3日にリリースされており、より生々しく彼らの音を体感できるそちらもぜひチェックしてほしい。

ちなみにKO氏は東日本大震災(2011.03.11 東北地方太平洋沖地震)の被災者のため、Klub Counter Actionやtwitterで必要な物資を呼びかけ、集められた物資を直接被災地の避難所へ届けるという活動を行なっている(その模様はブログにも掲載されている)。人生そのものをまっすぐハードコアに生きる彼らの音楽と行動に敬意を表したい。

OFFICIAL WEB SITE→ http://www.slang1988.com/ 
KO OFFICIAL Blog→ 「日々是好日(にちにちこれこうにち)」 

TOWER RECORDS ONLINE[SLANG]
TOWER RECORDS ONLINE「LIFE MADE ME HARDCORE」

Life Made Me Hardcore

Life Made Me Hardcore

  • SLANG
  • STRAIGHT UP RECORDS
  • 2010/08/14
  • CD
■Track listing
01. 木っ端微塵
02. Question now
03. Black rain
04. The world of lunacy
05. Amid the raw pain
06. 冬
07. チェルノブイリの首飾り
08. Drug Society
09. Air raid days
10. その日のあと
11. Reality called crucifixion
12. Life made me hardcore


live album 2011.02.03 release
WORLD PEACE “QUESTION” NOW

WORLD PEACE “QUESTION” NOW

  • SLANG
  • STRAIGHT UP RECORDS
  • 2011/02/03
  • CD
■Track listing
01. THE WORLD OF LUNACY
02. 木っ端微塵
03. この船は静かに破滅へと向かう泥舟
04. THE IMMORTAL SIN
05. QUESTION NOW
06. AMID THE RAW PAIN
07. TOKYO SUICIDE HELL
08. BLACK RAIN
09. WINTER
10. チェルノブイリの首飾り
11. AIR RAID DAYS
12. SWINDLE
13. CRISIS
14. 八月の雨
15. 何もしないお前に何がわかる 何もしないお前の何が変わる


4th. album 2011.04.05 release(再)
The immortal sin

The immortal sin

  • SLANG
  • STRAIGHT UP RECORDS
  • 2008/06/18
  • CD
■Track listing
01. Rain in august
02. Ill peace hymn
03. Killereligion 911
04. The immortal sin
05. Tokyo suicide hell
06. The authority burns
07. Guilty
08. No hope no life
09. Crisis
10. Humanistic disorder

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
●HARDCORE ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。