So-net無料ブログ作成
あのときあの場所に集まって
再び全国に散った趣味も性格も全く違うレポーターたちが
ジャンルを飛び越え、新旧流行にとらわれることなく
いま自分が好きなもの、自分にとっての旬なアレコレをガンガン紹介するブログ!
どうぞココで、いろんな好きと出合ってくれたなら
ますます楽しくなってしまうじゃない!
音楽、小説、映画、美術、TVショウ・・・いつだって、出合ったときが新しい!

SINSKE「INFINITY/インフィニティ」 [●AC]

1st. album 2003.8.20 release

神業としかいいようがないマリンバの演奏
全曲通して聴いていると、なんだか映画でも観ているような
ストーリーが浮かんできそうなほどの色の濃さ

[text●h.mariko]

2003年のフジロック・フェスティバルで神がかったライヴを見た。マリンバ奏者のSINSKEのステージだ。そしてその翌月に彼がリリースしたのが、このデビュー・アルバム「INFINITY」だった。

木を打ち鳴らすのに似た、独特のあたたかみを持つ楽器、マリンバと、シンセサイザーや打ち込みの人工的な音が混ざりあった曲は、ジャズと呼ぶには電子音が目立ち、フュージョンと呼ぶにはリズムが独特であり、要するに、ひとことでは語れないのである。ショプなどの仕分けとしては、アダルトコンテンポラリー・ミュージック(AC)とかになるのかな?

ちょっとゆるくふざけた感じがおもしろい「Yorozuya SINSKE」みたいな曲があったり、「G#」のようなディープな曲もある。
なかでも瞠目するのが「beee! 〜FLIGHT OF THE BUMBLE BEE〜」の超高速演奏。日本語では「熊蜂の飛行」と訳され、とにかく主旋律のスピードが速く楽器の演奏者が自分の腕を試す、また誇示するために演奏されることが多いという曲。それだけに、自信がなければ演奏できない、超・ハイレベルな楽曲なのだ。それを、あのマリンバで演奏している。もう、神業としかいいようがない。
いろんな空気を醸しながらも「A Letter For Myself」の、ゆるりとした音で終るこのアルバム、本当にさまざまな色を見せてくれる。
歌詞は入っておらず、純粋にマリンバの音だけが主旋律を奏でるからなおさら、なんだか映画でも観たようなストーリーが浮かんできそうなほどの色の濃さ。柔らかくも心地よく、さまざまな感情を与えてくれるこのアルバム。疲れていても、テンション高くても、眠くても、いつでも聴ける、お気に入りの1枚。

OFFICIAL WEB SITE→ http://sinske.jp/

TOWER RECORDS ONLINE[SINSKE]
TOWER RECORDS ONLINE「INFINITY/インフィニティ」

インフィニティ

INFINITY/インフィニティ

  • SINSKE
  • Sony Records
  • 2003/08/20
  • CD
■Track listing
01. Infinite Spacy
02. beee! ~FLIGHT OF THE BUMBLE BEE~
03. Nouveau Vent
04. Oriental Flow
05. Ca-Dance
06. G#
07. Can You Feel Good?
08. Yorozuya SINSKE
09. Funky Monkey Junky
10. Beat Revolution
11. Diva Nova
12. A Letter for Myself




nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。