So-net無料ブログ作成
検索選択
あのときあの場所に集まって
再び全国に散った趣味も性格も全く違うレポーターたちが
ジャンルを飛び越え、新旧流行にとらわれることなく
いま自分が好きなもの、自分にとっての旬なアレコレをガンガン紹介するブログ!
どうぞココで、いろんな好きと出合ってくれたなら
ますます楽しくなってしまうじゃない!
音楽、小説、映画、美術、TVショウ・・・いつだって、出合ったときが新しい!

福井晴敏著「亡国のイージス」 [●BOOK & DVD]

初版 1999.08.25 講談社刊
2000年 第53回日本推理作家協会賞受賞
2000年 第18回日本冒険小説協会大賞
2000年 第2回大藪春彦賞受賞

2005年 阪本順治監督で映画

それぞれの思いを持った主人公たちを見るうち
自分の矮小さが嫌になるほど、彼らに心奪われる

[text●h.mariko]

この本を手にしたとき、帯に書かれた“著者の最高傑作を完全映画化!” などという文句を観て、えー絶対無理、と思った。
タイトルにもなっている「亡国」という言葉を深く理解しないことには、映像化したって何の意味もないんじゃないかと、個人的には思ったのだ。

戦艦とか、兵器を観るとワクワクしてしまう人もいると思う。
だが待て。
確かに戦艦とか、戦車はカッコいい。
制服をびしっと着こなした海兵隊や自衛隊の迷彩服も、カッコいい。
だが、待て。
あれは、誰かを傷つけることを前提として、訓練を行なっているのだ。

もしも、今、日本が戦争を起こしたら、または巻き込まれたら、誰が戦地に赴くのだ?
自衛隊? それはそうかもしれない。だが、「国を護る」という発想を持った全国民がそれをする、日本が過去に起こした戦渦のように日本の歯車がおかしな噛み合い方をしたら、今これをのほほんと読んでいるあなたや私が誰かを殺しに行くかもしれないのだ。それが戦争だ。それが自衛隊や、兵器の本当の姿だ。

「おもしろい」と評することだけが褒め言葉ではない。 
この本は、ちっともおもしろくない。 
全神経を集中させて読まないと、ストーリーの流れに置いていかれそうになる。 
それぞれの思いを持った主人公たちを見るうち、自分の矮小さが嫌になるほど、彼らに心奪われる。 
「おもしろい」と表現するより、ものすごいのだ、とにかく。 
政治やら特殊部隊やら海上自衛隊やら、自分の生活のフィールドにはおよそ関係のないところで繰り広げられる物語であるが、その無関心さこそがこの国を亡国に導く、作者はそこを説きたかったのかもしれない。 
事実、この本に描かれたことが現実に起こったなら。 
私はここに生きてはいまい。 
あまりに印象的な朝鮮系工作員のセリフが胸に刺さるようだった。 
組織を大きく広く取り上げているのに個人が埋没せず、それぞれのキャラが立っているのも魅力。 
のしかかるような筆力に、最後はページをめくる手を止めることができなかった。ぼたぼた落ちる涙も、止めることができなかった。 
読み終わった本を閉じて、ふとみた表紙が「夜の海」であることに気づいた。
せっかく止まっていた涙が、またぼたぼたと垂れてしまった。

穏やかに凪いだ海は、如月行の新しい人生の始まりだと信じたい。

亡国のイージス

亡国のイージス

  • 福井晴敏著
  • 講談社
  • 1999/08/25
  • 単行本

亡国のイージス 上 (講談社文庫)

亡国のイージス 上

  • 福井晴敏著
  • 講談社(講談社文庫)
  • 2002/07/16
  • 文庫

亡国のイージス 下(講談社文庫)

亡国のイージス 下

  • 福井晴敏著
  • 講談社(講談社文庫)
  • 2002/07/16
  • 文庫


亡国のイージス [DVD]

亡国のイージス

  • 阪本順治監督作品
    • ジェネオン エンタテインメント
    • DVD
■cast 
真田広之(仙石恒史)
勝地涼(如月行)
寺尾聰(宮津弘隆)
佐藤浩市(渥美大輔)
原田芳雄(梶本幸一郎)
中井貴一(溝口哲也)
吉田栄作(竹中勇)
安藤政信(山崎謙二)
ほか


■Related articles
福井晴敏著「6 ステイン」
福井晴敏著「川の深さは」




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

レオ・レオニ作「フレデリックーーちょっとかわったのねずみのはなし」 [●PICTURE BOOK]

初版 1987.03 好学社刊

それぞれに特技ってものがあって、それを活かしていれば
きっといいことがあるんだよ、って教えてくれるような物語は
仕事に疲れたりした大人のほうがよっぽどぐっとくる

[text●h.mariko]

私が生まれたときから、いや、生まれる前からだったのだろう、我が家にあった絵本なのである。
私の兄が読み、私が読み、今は兄の娘が読んでいる。
名作というのは、こういうふうに語り継がれるのか、と思っている最中である。

私はしばらく直接にお世話になることがなかったこの作品、
つい最近、ものすごく、直接的に、ときめいてしまったのだ。
さまざまなプリントTシャツを販売しているお店にふらりと立ち寄ったとき、
目に入ったのは、この「フレデリック」のねずみを印刷したTシャツだった。
まだ音楽フェスの季節にはちょっと早いけど、今年のフェス用にと早速1枚購入した。とても可愛くて、とても気に入っている。

子どものころは、フレデリックが可愛くて、絵柄のほんわかとした優しさが好きで、よくこの絵本を開いていた。
絵本に添えられた言葉は、ただの「解説」みたいなつもりで、あまり深く考えずに読んでいた、気がするのだ。

それが、姪っ子にせがまれて一緒に読んでいたとき、ふと気がついた。
絵本、というか、子供向き、というよりも「ちょっと疲れた人向き」のような気がするのだ、この絵本。

あたたかなイラスト、フレデリックの立ち位置。
何もない、寒い冬を凌ぐ方法。
お腹いっぱい食べる事も必要だし、幸せだけど、
人を感動させることって、けっこう、すごいことなんじゃないか?

それぞれに特技ってものがあって、それを活かしていれば、きっといいことがあるんだよ、って教えてくれるような物語は、仕事に疲れたりした大人のほうがよっぽどぐっとくるんじゃなかろうか。

Tシャツを着て、フレデリックの言葉を見つめながら、私の生活もこんなふうに潤ったらいいなあ、と思ったりするのだ。

フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし

フレデリック
―ちょっとかわったのねずみのはなし

  • レオ・レオニ作
  • 谷川俊太郎訳
  • 好学社
  • 1969/04/01
  • 大型本

■Related articles
レオ・レオニ作「おんがくねずみ ジェラルディンーーはじめておんがくをきいたねずみのはなし」






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

LAUGHIN’ NOSE「SIX PAXX」 [●ROCK]

mini album 2013.03.12 release

転がり続けるラフィンノーズ
夢と人生を架けたパンク・ダイス

[text●i.akira]

2011年にリリースした17枚目のアルバム「明日を狙え」が好評で迎えられたり、WOWOWで昨年放送されたドキュメンタリー「ノンフィクションW ラフィンノーズという生き方」がシリーズ最多リピート放送されるなど、バンド幾度目かの絶好調にあるLAUGHIN’ NOSE(ラフィンノーズ)が放つ待望のミニ・アルバム。

最高峰のライブ・バンドとしての決意表明「FUEL UP」に始まり、昨年2度に渡って開催された、ファン投票による楽曲を中心とした全国ツアー“ワチュロウパーティ”の主題歌として生まれた「ワチュロウ・パーティ」、転がり続ける自らの人生を謳歌するような新しいアンセム「プリムローズ」、スリリングな直球パンク「DAMN IT」、ライブでは大合唱となるであろう「TARGET EARTH」、2001年に発売されたアルバム「ブットバセ」にも収録されており、ライブでも人気の高い名曲のリテイクとなる「CRASH St. RULES」の完全版と、フル・アルバムにも引けをとらない充実の6曲が収録されており、バンドの状態の良さを存分に味わえる作品である。ちなみに3500枚限定販売なので、ぜひとも今のうちに手に入れてほしい。

しかし忘れちゃいけないのは、彼らの本質がライブにこそあるということだ。本作を聴いたら、ぜひツアーにも足を運んでほしい。CDでは収まりきれないほどのエネルギーを堪能できるはずである。

OFFICIAL WEB SITE→ http://www.laughin.net/

TOWER RECORDS ONLINE[LAUGHIN’ NOSE]
TOWER RECORDS ONLINE「SIX PAXX」生産限定盤

SIX PAXX

SIX PAXX

  • LAUGHIN’ NOSE
  • Letsrock
  • 2013/03/13
  • CD
■Track listing
01. FUEL UP
02. ワチュロウパーティ
03. プリムロー
04. DAMN IT
05. TARGET EARTH
06. CRASH St.RULES


SIX PAXX CD発ツアー
2013.04.05(金)京都 U-STONE mini(w/1バンド)
2013.04.06(土)兵庫/神戸 108(ワンマン)
2013.04.13(土)宮城/仙台 enn 2nd(ワンマン)
2013.04.14(日)福島/郡山 CLUB #9(w/the SWINdLES)
2013.04.19(金)三重/松坂 MAXA(w/The North Mouth)
2013.04.21(金)福岡/福岡 DRUM SON(w/The Beat Go's) 
2013.04.27(土)静岡/静岡 SUNASH(w/the FREAK STORM)
2013.04.28(日)愛知/名古屋 CLUB UPSET(ワンマン)
2013.05.11(土)大阪/大阪 KINGCOBRA(ワンマン)
2013.05.18(土)東京新宿 LOFT(ワンマン)


■Related articles
LAUGHIN’ NOSE「明日を狙え」
LAUGHIN’ NOSE「REGENERATION」




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

レオ・レオニ作「おんがくねずみ ジェラルディンーーはじめておんがくをきいたねずみのはなし」 [●PICTURE BOOK]

初版 1980.04.01 好学社刊

絵本は空想を育てるとか、子どものためのものだとか
そんなふうにいわれがちだけれど、大人になった人にもぜひ
この絵本を手に取ってもらいたい

[text●h.mariko]

音楽を聴いていて、“絵を、見た”ことが、ありますか?
または、
音楽を聴いていて、“色が、見えた”ことが、ありますか?

私は、あります。
しょっちゅうです。

それはたとえば、ライブに行って、照明の色が印象的だった、とか、
そういうことじゃなくって、私が音楽から自由に感じ取った、
“絵”や“色”、なのです。

そんな私は、ジェラルディンとは、
いい友達になれそうだな、って、思うのです。


ジェラルディンは、大きなチーズを見つけて、仲間と一緒に食べています。
そうしたら、チーズの中から見たこともない大きなねずみの姿が。
そのチーズねずみは、自分のしっぽを口にあてて、
横笛みたいにくわえているのです。
ジェラルディンは、音楽を知りません。
だから、チーズねずみは、何をしているのだろうと
たくさんおもいをめぐらせます。

私がこの絵本と出合ったころ、
ちょうどフルートというおともだちと出合ったばかりだったのです。
フルートは銀色の横笛です。
まるで、チーズねずみがもっている笛そっくりじゃありませんか!
幼い私は、どきどきしました。
絵本と同じ音が、この本から、聴こえるかもしれない!

そうして私は、この絵本を読みながら、
七色の光と、美しい音色を、ジェラルディンとともに楽しんだのでした。
あのときに見えた音楽がキラキラしながら飛び出してくる姿は、
忘れられません。

あれから、もう20年以上経ちました。
でも、あのころのように、私はこの絵本を開くたびに、
フルートの鈴のような音色と、
その音が輝く虹のような光を、
いまだに耳に、目にするのです。

絵本は空想を育てるとか、子どものためのものだとか、
そんなふうにいわれがちだけれど、私は大人になった人にもぜひ、
この絵本を手に取ってもらいたいな、と思うのです。
大人になってからは凝り固まってしまったかもしれない力が、
ふっと緩んだり、解けたりするのを
手伝ってくれるんじゃないかな、って思うのです。


4769020139_20110915142627_op1.jpg





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

絲山秋子著「海の仙人」 [●BOOK]

初版 2004.08.30 新潮社刊
2005年 第55回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞

海辺でひっそり暮らす勝男と
そこに現われた役立たずの自称“神様”、ファンタジー
そしてふたりの女、片桐とかりん・・・
哀しく美しいソリチュード

[text●h.mariko]

この作品を、恋愛小説、と区分けしたら、怒られるだろうか。いや、区分けなんて本当は必要ないんだ。それはわかってる。
たとえば人にこの作品がどれだけいいものかを伝えたいんだけど、わかりやすい言葉で噛み砕いて伝えないと伝わりそうになかったら、やっぱり、恋愛小説、って言うのがわかりやすいと、思ってしまうのだ。とても、浅はかな表現なのだが。

敦賀の海辺にひとりで暮らす勝男。ある日、勝男のもとにファンタジーがやってくる。ファンタジーである。こいつが、滅茶苦茶いいのだ。俗にいうところの“神”とか“聖霊”とか、そういう信仰の対象みたいな人(?)なんだろうけど、「そうだ、私がファンタジーだ」なんていう人なのだ。初めて見た。

勝男は片桐という元同僚にべた惚れされているのだけど、敦賀で出逢った部長こと中村かりんと親しくなっていく。
どんと落ち着いた雰囲気だからあだ名が部長のかりんも可愛いし、べた惚れの男に媚びたくなくて赤いアルファロメオ乗り回して「カッツォ(イタリア語の卑語らしい)」と好きな男を呼んじゃう片桐も実に可愛い。
が、物語はほんわかムードを保ってくれない・・・。

ファンタジーが見える人と、見えない人、出逢ってすぐにファンタジーとわかる人と、わからない人が、どうもいるようだ。
この物語では、ファンタジーはそこにいるだけで、何もしない。いや、何もできないのかもしれない。彼の存在そのものが、ひょっとすると過剰なもの、生きるという最低限の行動のなかでは必要ない存在かもしれないものなのだ。だが、ここに出てくる主人公たちの生き様とファンタジーとの交流を思うと、じゃあ生きるための最低限ってなんだよ、と思えてくる。

そうだ、やっぱり小さいテーマとかジャンル分けなんて必要ない。
敦賀の海に想いを馳せながら、さざ波の音を聴きながら、ページを捲ってほしい。

海の仙人

海の仙人

  • 絲山秋子著
  • 新潮社
  • 2004/08/28
  • 単行本

海の仙人 (新潮文庫)

海の仙人

  • 絲山秋子著
  • 新潮社(新潮文庫)
  • 発売日: 2006/12/22
  • 文庫

海の仙人 (新潮文庫)

海の仙人
Kindle版

  • 絲山秋子著
  • 新潮社(新潮文庫)
  • 2007/01/01
  • Kindle版

■Related articles
絲山秋子著「沖で待つ」
絲山秋子著「ニート」
絲山秋子著「逃亡くそたわけ」




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

団地妻力美「1 go to color」 [●ROCK]

1st mini album 2013.01.09 release

吉祥寺より放たれる大いなる無意味な衝動
かゆいところにやたらと届いて響くロック

[text●i.akira]

雑誌「パチスロ必勝本」のライターであり、ケーブル番組「パチスロバトルリーグ」にも出演中の瓢こと上條智史(Vo./G.)を中心に、吉祥寺を拠点として活動するバンド、団地妻力美(だんちづまりきみ)――。なんというバンド名だろう。いったいどんな理由でそんな名前を名乗っているかはわからないが、読んだだけでいかがわしい匂いが漂ってきそうな文字列と語感だ。しかし彼らにとって初の全国流通となるミニ・アルバム「1 go to color」(いちごうとうから)には、バンド名からは想像もつかないほどのまっすぐで無意味な衝動が詰まっている。

このデジタルの時代にあえてアナログ録音にこだわり、ほぼ1発録りという潔さで貫かれた本作は、90年代オルタナティブやパンクを昇華した日本語ギター・ロックに、きっと意味なんてたいしてないんだろうけどナニかが伝わってくる言葉の羅列が重なり、どこか懐かしささえ感じるようなストレートなロックが響いている。5曲ながら、彼らの魅力を存分に味わえる内容だ。

新人と呼ぶには差し支えるくらいのいい年した大人たちが、恥も外聞もかなぐり捨てて、大人気なく本気で楽しくロックを鳴らしちゃってるもんだから、ムズムズするところにまで届いてしまう魅力がある。実はこういうバンドって、最近いなかったかもしれない。自称“キモーショナル・ロック”を、あなたもご堪能あれ。

OFFICIAL WEB SITE→ http://www.rikimi.com/

TOWER RECORDS ONLINE[団地妻力美]
TOWER RECORDS ONLINE「1 go to color」

1 go to color

1 go to color

  • 団地妻力美
  • BounDEE by SSNW
  • 2013/01/09
  • CD
■Track listing
01. 水性ピエロ
02. Twilight
03. 海しか見てない
04. わんこそば
05. Twilight (st.ver)





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。