So-net無料ブログ作成
検索選択
あのときあの場所に集まって
再び全国に散った趣味も性格も全く違うレポーターたちが
ジャンルを飛び越え、新旧流行にとらわれることなく
いま自分が好きなもの、自分にとっての旬なアレコレをガンガン紹介するブログ!
どうぞココで、いろんな好きと出合ってくれたなら
ますます楽しくなってしまうじゃない!
音楽、小説、映画、美術、TVショウ・・・いつだって、出合ったときが新しい!

長新太 作・絵「ノンビリすいぞくかん」 [●PICTURE BOOK]

初版 1979.01 理論社刊

もしかしたらほんとうに
サカナたちはこっそり水族館を抜け出して
空をすいすい泳いだり、くつろいだり
野球を見たりしているのかもしれないんだよ

[text●h.mariko]

私はいまになってもまだ、「夢見がちだねえ」と、友達や親しい人に言われることが多い。
それは物語に没頭しているときの集中力だったりとか、映画を観たり音楽を聴いたりしてすぐ泣いちゃうところだったりとか、空想力のぶっ飛び方だったりとか、そういうところに由来しているのだと思うけれど、この本を愛しながら育ったからなんじゃないかなあ、と最近、自分を分析したりするのだ。

タツノオトシゴくんが、高級ホテルのフロントに電話をして、オムレツとか、オレンジジュースとか、ゴチそうをたらふく食べている姿。なんとも裕福そうで、くつろいでて、優雅な感じ。

カワハギくんがジェットコースターに乗って絶叫マシンを堪能していると、カワハギだけに皮が剥がれちゃって、後ろの人が「ブワハ、ハチャハチャ、ブワハ、ハテナ?!」って、驚いている姿。それを迷惑そうに見てるカワハギくん。

おそば屋さんでトウガラシを入れすぎて、辛すぎて目が飛び出しちゃった、エビのおばあさん。腰が曲がっちゃったのはもともとなんだけど。

新幹線を観に行ってみたくて線路で待ち伏せしていたら、その恐い姿に新幹線が急停止しちゃって怒られるウツボくん。そのあと、罰として切符を口でガリガリ切らされている、迷惑そうな顔のウツボくんは、ちっとも恐そうじゃない。

野球観戦に行ったらざぶとんと間違われておじさんに座られちゃった上、喋りかけたら驚かれてぶん投げられて、王選手のホームランボールに頭をぶつけてこぶをつくっちゃうヒラメくん。

幼かった私は、このあたりまえの世界にどっぷりはまりこんで、サカナたちと一緒にのんびり、いろんな体験をしたのだった。
水泳は苦手だったし、空も飛んだことないけれど、楽しいって思うことはなんでもできちゃうものなのだ。特に、空想のなかでは。

ところが。この、設定。
どれもこれも、本来にはありえないわけで。
だって、水棲の生き物が「水族館を抜け出して」、「人間と同じようにご飯を食べたりして」、「飼育員さんと同じ言葉を話して」、
いやいや、ないでしょ、そんなこと。そうやって考えるのが、通常の、オトナの、意識、みたい。

でも、でもだよ、もしかして、あの綺麗な水族館の水槽からこっちを見ているサカナたちは、
「にんげんはわざわざおかねをはらってまでぼくたちの生活をみにくるなんて、なんてひまなんだろうねえ」
「ほんとうだねえ、ほら、あっちのにんげんはとなりのすいそうのタコくんに似ていないかい?」
「おやおや、ほんとうだ。もしかして、親せきかもしれないねえ」

なんて、話し合ってるかもしれないんだよ。
にんげんには分らないだけで、夜中にはこっそりと水族館を抜け出して、空をすいすい泳いで、くつろいだり野球を見たりしているのかもしれないんだよ。
わたしたちが知らないだけで、そんなの、サカナのせかいじゃ、あたりまえのことなのかもしれないんだよ。

そういう夢を見させてくれるこの作品。
最初に手に取ったときから随分と年を取ったけど、わくわくする感覚はまだまだ衰えていない。想像力を磨きたいとか、童心に返りたいとか、幼い友達にプレゼントしたいとか、本当にいろんな人にめちゃめちゃ、おすすめなのだ。

ノンビリすいぞくかん (理論社のようねんどうわ)

ノンビリすいぞくかん
理論社のようねんどうわ

  • 長新太 作・絵
  • 理論社
  • 1996/02
  • 単行本





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。